室戸まで102Km

昔四国の海沿いをずっと歩いて山下清のような旅(山下清旅)をしていた時、特にどこまで行こうかと決めず、現代社会と比べるとアリのようなスピードで。ゴールを設定すると中々着かず、そうするとで道中は苦しみしかなく、自分の思い通りにはなってくれない。でも自然と、この一歩を楽しく素晴らしい一歩にするしかないと思ったら、素晴らしい景色が広がった。でも当然しんどい時もあった。まさにいつゴールが訪れるか分からない生きるということと同じだなぁと後々思った。この一歩の感触を大切に生きる。長い散歩。

A long time ago, when I was traveling along the coast of Shikoku like Kiyoshi Yamashita (Kiyoshi Yamashita trip), I didn’t decide how far I should go, and at a speed like an ant compared to modern society. When I set a goal, I didn’t get to it, and then I had only suffering along the way, and I couldn’t do what I wanted. But naturally, when I thought that I had to make this step a fun and wonderful step, a wonderful view spread out. But of course there were times when it was difficult. I later thought that it was exactly the same as living without knowing when the goal would come. I will cherish the feeling of this step. A long walk.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

talo coffee

次の記事

価値の再構成